Position:HOME > A GUIDE TO LIVING IN TOWN OF YOSANO > Coordinator of International Relations(CIR) Page(TOWN OF YOSANO)

Coordinator of International Relations(CIR) Page(TOWN OF YOSANO)

ロックイン ドリーバ   Lok Yin Drever

ロックイン ドリーバ
■プロフィール
1983年生まれ。香港生まれのイギリス育ち。エディンバラ大学で日本語を専攻し、1年間立命館大学に留学。教育委員会教育推進課勤務。平成20年8月から与謝野町の国際交流員として活動しています。

「広報よさの」でコラムを執筆中ですのでご覧ください。

British Times

8月に与謝野町の国際交流員としてイギリスのスコットランドから参りましたロックイン・ドリーバーと申します。1983年に香港で生まれて、小学4年の時にイギリスに移住して、大学までスコットランドの首都、エディンバラ市で生活しました。

私の「国際理解」は、9歳の時にイギリスへ移住したことが始まりと言えるでしょう。そのころを思い返してみて、それが私の人生の転機だと思いますが、その時の私はあまり深く考えずに、香港の生活に「さよなら」を言って、家族と新しい生活に向かいました。

イギリスへは皆別々に行きました。7歳上の兄は私より1年先に着いて、違う都市の全寮制学校に行きました。次に、私と母が同時に引越ししましたが、もちろん家族が最初からうまく慣れたわけではありません。英語が話せない母は言葉が通じなくて、全部をゼロから習って、新しい習慣、仕事と生活に慣れるには本当に苦労しました。しかし、私は楽でした。もちろん、同じクラスの人のように英語がぺらぺらなわけではありませんでしたが、やはり子供ですから適応性がかなり高くて、遊びながら簡単に言語のスキルが上手になって、自信も増えていきました。父はその数年後公務員の仕事を退職して、エディンバラで販売店を始めました。

親戚に会うために香港に戻るのは10年に2・3回ぐらいですから、私にとって香港よりエディンバラのほうが自然に「故郷」と思います。時々複雑な気分もありますが、やはり両方の文化を身につけることが出来てよかったです。その上、日本の文化にも接触できて幸いです。

現在、もう一度外国人として日本に来て、誰も知らない何も分からないまま新しい生活、仕事を始め、困難もいっぱいあるでしょう。本当に分からない事ばかりですが色々教えていただいて頑張りたいと思います。皆さん、気楽に声をかけてください。よろしくお願いいたします。