現在の位置:ホーム > よくあるご質問 > 税務課

年の初めに家屋を取り壊した場合は?

Q4 今年初めに家屋を取り壊したが、今年も固定資産税の納税通知書が送られてきたのは?

 固定資産税は、毎年1月1日の状況によって課税されるためです。
 固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日)現在に所在している固定資産を課税対象とし、その年の4月から始まる年度分について課税されます。従って、年の途中で取り壊された家屋も1月1日には存在していたため、その年の4月から始まる年度分については課税の対象となります。

ご案内

期間 00:00:00

カテゴリ

住民の方へ
くらし・環境

情報発信元

加悦庁舎  税務課  

住所:629-2498 京都府与謝郡与謝野町字加悦433番地 加悦庁舎
電話:0772-43-9020
詳しいご紹介

アンケートみなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

投票しないで結果を見る