現在の位置:ホーム > よくあるご質問 > 税務課

固定資産税(家屋)が急に高くなったのですが?

Q5 4年前に住宅を新築しましたが、今年から住宅の税金が急に高くなったのは?

 家屋の固定資産税の新築住宅に対する軽減措置の適用が終了したためです。
 新築の住宅に対しては、一定の要件を満たしている場合(住居として用いられている部分の床面積が120m2までのものはその全部が減額対象。120m2を超えるものは、120m2分に相当する部分が減額対象)、新たに固定資産税が課税されることとなった年度から3年度分(長期優良住宅等は5年分)に限り、税額は2分の1に減額されます。住宅を新築して、この3年度分を過ぎると、減額適用期間が終了するため、4年目からは本来の税額に戻ることになります。

ご案内

期間 00:00:00

カテゴリ

住民の方へ
くらし・環境

情報発信元

加悦庁舎  税務課  

住所:629-2498 京都府与謝郡与謝野町字加悦433番地 加悦庁舎
電話:0772-43-9020
詳しいご紹介

アンケートみなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

投票しないで結果を見る