現在の位置:ホーム > よくあるご質問 > 上下水道課

色のついた水が出た!

 上下水道課では、いつでも安全で良質な水をお届けできるよう、細心の注意をはらっています。
 ごくまれに色のついた水が出る場合がありますが、次のような場合は問題ありません。

白い水が出た
水道水の中に空気が入り小さな気泡になると、水が白く見えます。水を汲んでしばらく置いておいたとき、下から透明になるようなら空気が原因。もちろん飲んでも問題ありません。

赤い水が出た
古くなった鉄製の水道管からサビが流れ出ると、水が赤くなります。飲んでも健康に影響はありませんが、念のために濁った水は雑用水にお使いください。通常、しばらく水を流しつづけるときれいになります。


水が青く見える
浴槽の水が青く見える場合がありますが、これは海の水が青く見えるのと同様、光の加減によるものです。特に浴槽の色がアイボリー系の場合、青く見えるようです。
また、浴槽やタオルが青くなる場合がありますが、これは屋内の配管から銅が溶け出し、石けんと反応して「銅石けん」となり青くなるものです。石けんの成分が残らないように、浴槽やタオルをよく洗ってください。

 上記以外の色の水が出た場合、その他明らかに異常がある場合は、上下水道課までご連絡ください。

ご案内

期間 00:00:00

カテゴリ

住民の方へ
くらし・環境
水道

情報発信元

野田川庁舎  上下水道課  

住所:629-2392 京都府与謝郡与謝野町字四辻65番地 野田川庁舎
電話:0772-43-9031
ファックス:0772-43-0171
詳しいご紹介

アンケートみなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

投票しないで結果を見る