現在の位置:ホーム > お知らせ > 不妊治療費助成事業

不妊治療費助成事業

【不妊治療費助成事業】
●対象者
・町内に在住し、京都府内に1年以上在住する夫婦で、医療機関において不妊症と診断されその治療を受けている方 
・医療保険加入者

●内容
・不妊治療に要する保険診療費と、保険診療外の人工授精治療費の自己負担額の1/2以内で1年度の診療につき10万円を限度として助成
(ただし、保険診療費のみの場合は6万円を限度とする)
・不育治療等の治療費の自己負担額の1/2以内を1回の妊娠につき10万円を限度として助成

●申請窓口 
・子育て世代包括支援センター(子育て応援課内)【加悦庁舎2階】


【特定不妊治療費助成事業】
●対象者
・夫婦の両者又はいずれかが京都府内に在住し、法律上の婚姻をしている夫婦
・京都府が指定した医療機関で体外受精及び顕微授精の特定不妊治療を受けた方
・前年の所得が730万円未満(夫婦合算)の方(男性不妊治療の場合を除く。)
・その他要件を満たす方

●内容
・上限額は1回の治療内容により15万円または7万5千円
・平成28年4月から、初回の助成額を30万円まで上乗せして助成
・男性不妊については上限額20万円を助成。

●助成回数
・通算最大10回まで
※次の方は助成の対象になりません。
・特定不妊治療の治療期間の初日における妻の年齢が43歳以上である夫婦
・平成27年度までに通算5年助成を受けている方

●その他
・この事業は京都府の事業です。

●申請窓口 
・子育て世代包括支援センター(子育て応援課内)【加悦庁舎2階】または京都府丹後保健所

カテゴリ

住民の方へ
健康・医療
母と子の健康

情報発信元

加悦庁舎  子育て応援課  

住所:629-2498 京都府与謝郡与謝野町字加悦433番地 加悦庁舎
電話:0772-43-9024
ファックス:0772-43-1451
詳しいご紹介

アンケートみなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

投票しないで結果を見る