現在の位置:ホーム > お知らせ > 滝のツバキの開花状況について

滝のツバキの開花状況について

全体

全体

開花が進んでいます。

開花が進んでいます。

多くの蕾がみられます。

多くの蕾がみられます。

京都府指定天然記念物、本町の町の木「椿」のシンボルである「滝のツバキ(※1)」の開花状況(令和2年3月22日現在)をお知らせします。
暖冬で降雪が少なかったこともあり、開花が進んでおり見ごろを迎えておりますので、ご家族・ご友人お誘いあわせの上、ご来園ください。

なお、4月12日(日)に開催予定の「第30回滝の千年ツバキまつり」は、新型コロナウイルスの感染拡大の恐れがあるため中止となりました。

※1:京都府指定天然記念物としての名称が「滝のツバキ」であり、地元では「千年ツバキ」の愛称で親しまれている。


【滝のツバキまでの交通手段】
<お車>
 山陰近畿自動車道「与謝天橋立IC」から国道176号を福知山方面・府道701号経由で約20分(12km)
 加悦椿文化資料館から林道「大田和線」を約1.4km進むと滝のツバキ公園(駐車場有)
 滝のツバキ公園から徒歩で約300m

<公共交通機関>
 京都丹後鉄道「与謝野駅」から丹後海陸交通バス与謝線「滝バス停」下車
 徒歩で加悦椿文化資料館まで3km
 加悦椿文化資料館から滝のツバキまで林道「大田和線」を徒歩で1.4km
【滝のツバキ】
種 類:ヤブツバキ
樹 齢:不詳(通称:千年椿、一説には樹齢1,200年とも言われる)
規 模:樹高9.7m、枝張り・南北14m×東西13m、幹周3.26m(地際)
所在地:京都府与謝郡与謝野町字滝小字大田和316番地

滝のツバキは、丹後天橋立大江山国定公園の大江山連峰地区江笠山山系中、府道沿いの奥滝集落から南へ約1.5km山道をたどった山林の中にあります。通称を千年椿、国内最古級の椿の古木のひとつと言われる大樹です。例年3月下旬から4月上旬に開花し、黄色の葯(やく)を紫紅色の一重の花弁が囲む花様は、地元では「紫椿」とも呼ばれ、改良の進んだ園芸種とは異なり、原種のもつ簡素な趣があります。

カテゴリ

観光者の方へ
観光ガイド
観光に関するお知らせ観光地の案内
イベントカレンダー
滝の千年ツバキまつり
観光団体へ
与謝野町観光協会へ

情報発信元

岩滝庁舎  観光交流課 滝の千年ツバキ公園  

住所:629-2422 京都府与謝郡与謝野町字滝316番地
電話:0772-43-2161
詳しいご紹介

アンケートみなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

投票しないで結果を見る