現在の位置:ホーム > お知らせ > 点検商法に気をつけましょう

点検商法に気をつけましょう

■点検商法とは
「無料で点検を行っています!」などと言って家庭を訪問します。床下・屋根・水質検査など、ふだん簡単に見られないところを点検しようとします。「床下が湿気だらけで、土台が腐っている」「こんな水を飲んでいては体に悪い」などと不安をあおり、工事の契約を結ばせます。

■対処方法
・役場や保健所から来たと言ってきた場合は「役場に電話して確かめる」と言ってみましょう。
・本当に必要な工事かどうか、周囲の人や地元の工務店に相談しましょう。
・万が一契約を結んでも、契約書面を受け取った日から8日以内であれば、無条件で契約を解除できる場合があります。(クーリング・オフ制度)
・困ったときは一人で悩まず、下記相談窓口までご相談ください。

■相談窓口
・商工振興課 電話:43-9012
・京都府丹後広域振興局商工観光室 電話:0772-62-4304
・京都府消費生活科学センター 電話:075-671-0030
・消費生活週末(土・日)電話相談 電話:075-257-9002

カテゴリ

住民の方へ
くらし・環境
消費者相談
くらしの出来事
高齢・介護

情報発信元

岩滝庁舎  商工振興課  

住所:629-2292 京都府与謝郡与謝野町字岩滝1798番地1 本庁舎
電話:0772-43-9012
詳しいご紹介

アンケートみなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

投票しないで結果を見る