現在の位置:ホーム > 手続き・申請・業務案内 > 農地を農地以外のものにする場合の手続きについて

農地を農地以外のものにする場合の手続きについて

農地転用について
 農地は農地法により規制をされています。農地を耕作以外の目的に使用する場合は、京都府知事の許可(4ha未満)が必要になります。これを農地転用許可と言いますが、農地の区分や立地条件によっては、許可ができないことがありますので、農地転用を考えておられる方は与謝野町農業委員会事務局までお問い合わせください。

◎ 許可の種類
  ・農地法第4条許可
    自己所有農地を耕作目的以外に利用する場合。

  ・農地法第5条許可
    自己所有地以外の農地を耕作目的以外に利用し、所有権移転又は使用収益権の権利を設定する場合。

◎ 農地転用目的(例)
  ・一般個人住宅等家屋や施設、工場の建築
  ・露天駐車場、露天資材置場(一時的利用含む)
  ・進入路(一時的利用含む)

◎ 農地法第4条及び第5条申請について
 農地法第4条及び第5条の規定による許可申請書(別添様式)に必要事項を記入し、下記の書類を添付し、正本1部、副本1部を農業委員会事務局まで提出してください。
 
 個人の場合
 (1) 全部事項証明書(登記官印があるもの)
 (2) 公図(隣接地目、所有者又は耕作者等表示)
 (3) 位置図
 (4) 住民票
 (5) 残高証明又は融資証明
 (6) 事業に要する経費の証明
 (7) 関係者同意書(里道・水路等管理権者、隣接農地所有者等)
 (8) 土地利用計画図(建物配置、雨水・汚水排水の明示)
 (8) 建物立面図
 (9) 造成断面図
 (10) 転用事業に必要な資格・免許の写し
 (11) 転用目的と同じ既存施設を有する場合の状況調書
 (12) 他法令許可等の手続き状況を確認する書類
 (13) 規則第10条第1項に該当することを確認する書類(単独申請の場合)
 (14) 現地写真
 (15) 委任状(代理申請の場合)

法人の場合
 上記の(1)~(15)に加えて
 (16) 法人登記事項証明書
 (17) 定款又は寄附行為の写し(原本証明)
 (18) 意思決定機関議事録の写し(原本証明)

◎ 申請から許可書交付までの流れ
申請から許可書交付までの流れは次のとおりです。申請の締め切りは毎月20日(土曜・日曜日の場合は月曜日、祝祭日の場合は翌日)になっております。

1.申請締切日             毎月20日
2.申請に係る農業委員会の現地調査   締切日翌月上旬
3.農業委員会総会           毎月8日前後    
4.京都府の現地調査          総会終了後
5.京都府農業会議常任会議       締切日翌月下旬
6.許可書交付(京都府知事)      締切日翌月下旬

関連ファイル

関連書類をご覧になるには ≫

カテゴリ

住民の方へ
産業・しごと
農林業に関するお知らせ農業委員会

情報発信元

加悦庁舎  農林課  

住所:629-2498 京都府与謝郡与謝野町字加悦433番地 加悦庁舎
電話:0772-43-9023
ファックス:0772-43-2194
詳しいご紹介

アンケートみなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

投票しないで結果を見る