現在の位置:ホーム > 手続き・申請・業務案内 > 埋蔵文化財(遺跡)の保護のための届出の手続き

埋蔵文化財(遺跡)の保護のための届出の手続き

土地開発に伴い、埋蔵文化財保護のために次の手続きが必要です。周知の埋蔵文化財包蔵地内(一般に「遺跡」と呼ばれる範囲)で土木工事を行う場合は、事業主(施主)が工事60日前までに、与謝野町教育委員会を経由して、京都府教育委員会教育長あてに届出することが必要です。なお、工事等により文化財が新たに発見された場合にも、町教育委員会に連絡してください。

●こんなとき
周知の埋蔵文化財包蔵地内(一般に「遺跡」と呼ばれている土地)で土木工事等によって土地の掘削や盛土などを計画しているときは、教育委員会(加悦庁舎)へ連絡してください。

●その他
計画策定段階のなるべく早い時期に、用地が周知の埋蔵文化財包蔵地の範囲内かどうか確認してください。

カテゴリ

住民の方へ
教育・文化
文化財

情報発信元

教育委員会事務局  社会教育課  

住所:629-2498 京都府与謝郡与謝野町字加悦433番地 加悦庁舎
電話:0772-43-9026
詳しいご紹介

アンケートみなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

投票しないで結果を見る