現在の位置: ホーム > 各課・施設 > 滝の千年ツバキ公園

滝の千年ツバキ公園

最終更新日:2015年4月2日(木曜日) 08時54分  記事ID:1-441-441
印刷する
住所: 〒629-2422 京都府与謝郡与謝野町字滝316番地
電話番号: 0772-43-2161

■ご利用案内
●施設概要
滝の千年ツバキ公園は、推定樹齢1,200年の大椿である「滝のツバキ」周辺の環境整備により作られた自然公園施設。「滝のツバキ」は、奥深い谷のさらに奥で、樹高9.7メートル、枝張り径10.0メートル、幹周3.26メートルもある大椿で、公園エントランス広場手前の駐車場からは徒歩300メートルのところに位置しています。
滝の千年ツバキ公園周辺は、平成19年8月に「丹後天橋立大江山国定公園」に指定されています。
また、公園入口付近に建てられている加悦椿文化資料館では、日本椿協会名誉会員・京都園芸倶楽部評議員である薬学博士の渡邊武氏(1913-2004)、そして農学博士である新潟大学名誉教授の萩屋薫先生が長期にわたって多方面から収集された「椿文化」に関わる数多くの貴重品(絵画・書・陶磁器など500点)をより多くのツバキ愛好家のためにと加悦町(当時)へ寄贈いただいた資料が展示されています。

●所在地
京都府与謝郡与謝野町字滝小字深山316

●交通手段
山陰近畿自動車度(鳥取豊岡宮津自動車道)「与謝天橋立IC」より国道176号で約20分

■滝の千年ツバキ
・京都府指定天然記念物(平成元年3月指定)
・新・きょうと名木10選(平成元年9月選定)
・京都の自然200選(平成3年6月選定)
この椿の巨木は、ツバキ科ツバキ属ヤブツバキで同種のものでは日本最長寿級の巨木であり、その原種ではないかといわれています。以前から地元では「ムラサキツバキ」としてその存在が語り伝えられ、生活の一部として見守られてきましたが、詳細については全く不明のままでした。
昭和61年、富山興業株式会社加茂正三氏によって、日本国内でもまれな巨木であることがわかり、昭和63年4月、椿の研究家として著名な財団法人京都園芸倶楽部評議員・薬学博士渡邊武氏(1913-2004)により他に類を見ない日本一のクロツバキであるとの鑑定を受け世に知られるようになったものです。
3月下旬から4月下旬まで濃紫紅色の中輪筒芯の花が咲き、満開時には紫紅色の花が緑の枝葉の間を埋め尽くして壮観である。

地図

加悦椿文化資料館周辺マップ

関連リンク

カテゴリ

観光者の方へ
イベントカレンダー
町政を知りたい方へ
町政情報
最終更新日:2015年4月2日(木曜日) 08時54分  記事ID:1-441-441
印刷する

アンケート
みなさまのアンケートによってこのホームページがより使いやすくなります。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?是非お聞かせください。

投票しないで結果を見る 

関連情報

お知らせ

その他の課・施設から

≫ 一覧を表示

行事案内

手続き・申請・業務案内

よくあるご質問

ページの先頭へ